New batteries

iPhoneのバッテリーがすぐに無くなったり、勝手に電源が切れたりとバッテリー交換が
必要な時があります。

そんな時に気になるのが、バッテリー交換の費用と時間です。

とはいえ、
『バッテリー交換っていくらかかるの?』
『どのくらいでiPhoneが戻ってくるの?』

と困っている人も多くいます。

そこで今回は、
「バッテリー交換の費用と時間はどのくらいかかるのか」
についてご紹介していきます。

 

Sponsored Link

バッテリー交換の費用はいくらなのか

20160728003
iPhoneのバッテリー交換費用は、「どこでバッテリー交換するのか」によって変わってきます。

Appleでバッテリー交換する場合

製品保証期間内or「AppleCare+」にご加入している場合
バッテリーの蓄電容量が元々の状態から80% 未満に劣化していれば、無料で交換してもらえます。

製品保証期間内or「AppleCare+」にご加入していない場合
バッテリー交換の費用は、どのモデルでも9400円(税別)です。

Appleでバッテリーを交換する時には、2通りの方法があります。

配送する

「インターネット」or「電話」でバッテリー交換の申し込みができます。指定の配送業者が、iPhoneを取りに来るので渡しましょう。

店頭に持ち込む

「Apple Store 直営店」or「Apple 正規サービスプロバイダ」に持ち込むことができます。店頭に持ち込む際は、あらかじめ予約を行いましょう。予約なしで持ち込むと予約している人が優先されるため、すぐに対応してもらえません。

※Appleでバッテリー交換する際には、必ずバックアップを行っておきましょう。
iPhoneのデータをバックアップする方法

iPhone修理専門店でバッテリー交換する場合

iPhone修理専門店でバッテリー交換したら5000円ぐらいです。

費用は、iPhone修理専門店によって異なりますので、あくまでも目安です。

純正のバッテリーで交換しているところもあり、メーカー保証に他店で修理したことがバレることは少ないようです。

※iPhone修理専門店で修理すると保証が無効になる場合があります

発送する

発送の申し込みは、iPhone修理専門店によって違ってきます。

基本的にインターネットからできるところが多いようです。

不明な点があれば、電話して聞いてみるのも良いかもしれません。

店頭に持ち込む

近くにiPhone修理専門店があれば、発送するより店頭に持ち込むほうが良いでしょう。

予約なしでも大丈夫のところがほとんどです。

※iPhone内のデータは、初期化されないのでバックアップする必要はありません

自分でバッテリー交換する場合

バッテリー自体は、2500円前後です。バッテリー交換をする際にiPhoneを開くので、そのための工具も必要です。

また、自分でバッテリー交換をすると保証が効かなくなるので注意しておきましょう。

 

バッテリー交換の時間はどのくらいかかるのか

20160728004
バッテリー交換の費用が分かったところで、「どのくらいの時間がかかるのか」を見ていきましょう。

Appleでバッテリー交換する場合

配送する:1週間ぐらい
店頭に持ち込む:即日

※修理内容によっては、店頭でも1週間ほどかかります

発送するよりも、店頭に持ち込むほうが速いです。可能であれば、あらかじめ予約して店頭に持ち込むと良いでしょう。

iPhone修理専門店でバッテリー交換する場合

発送する:3日ぐらい
※iPhone修理専門店や郵送状況によって異なります
店頭に持ち込む:30分ぐらい

発送するよりも、店頭に持ち込むほうが速いです。可能であれば、あらかじめ予約して店頭に持ち込むと良いでしょう。

自分でバッテリー交換する場合

1日~あなた次第

お使いのモデルのバッテリーを購入して、後はあなたがどのくらいで交換できるか次第です。手慣れていれば1時間もかかりませんが、個人差があるので一概には言えません。

 

バッテリー交換の費用と時間まとめ

  • 製品保証期間内or「AppleCare+」加入は無料
  • どこでバッテリー交換するかで費用は変わる
  • 持ち込みなら即日で戻ってくる

 

製品保証期間内or「AppleCare+」加入は無料でバッテリー交換できますが、基本的には費用が発生します。

急いで治したい場合は店頭に持ち込むことをおすすめします。

今回ご紹介した内容が、あなたのお役に立ってもらえれば幸いです。

ではでは、失礼いたします。